海外合宿

日本より海外に関心のある利用者様方のニーズにお応えして、ONESTEPでは2019年より発展途上国における海外合宿プランを開催致します。私たちの脱ひきこもりへの理念として「できる」「ALL OK」の二つの柱がありますが、この合宿はこの両側面に対して大きな成長を促します。まず一つ目の「できる」についてですが、未知の海外生活という困難な事象に対して、「できた」という成功体験を積むことで自尊心の向上を図り、「できる」の精神状態を構築することを可能とします。二つ目の「ALL OK」に関しては特にこの途上国という環境が有用で、生きるのに必死な彼らの姿は参加者の価値観を大きく感化し、自分自身の価値観を広げることに繋がります。

現在合宿先として提案させていただいている国はフィリピンです。治安の悪いイメージがありますが、2016年にドテルティ大統領に変わって以降は急速に平和な国となりました。キリスト教が大多数を占めていることもあり陽気な国民性で、まより貧困層であろうと英語が通じる点が大きなメリットです。50万都市のモンテンルパ市を中心にフィリピンの行政との連携、並びに日本企業の現地法人の全面的な協力体制があるため安心した生活が可能となっています。


連携校 フィリピン政府TESDA認定GREEN FIELDS INTEGRATED SCHOOL

合宿は基本的には下記の3ステップからなります。セントレア空港に集合する段階からONESTEPのスタッフが随時同行しておりますので、トラブルの際にも迅速な対応ができるようになっております。 また、人数に応じて現地の日本語スタッフを配置致しますのでご安心ください。

【生活】
まずは慣れない土地での生活を覚えます。基本的には都心部のホテルが中心ですが、ご要望次第では、ホームステイもご提案することが出来ます。都心部は発展しており、フィリピンの都心部となると名古屋と大差ありません。観光地やショッピングモールを回りながら、徐々に国の雰囲気を掴んでいく過程となります。移動方法はタクシーまたはレンタカーですが、あえてバスや電車という選択肢も考えています。ホテルの拠点は都心部に置きますが、途上国は1時間も走ればテレビで見る様な景色に変わります。日本と途上国の生活の違いに触れる期間となります。

【挑戦】
基本的には現地での活動に参加をする形をとります。大雨が一か月続くこともあり、活動は時期により変わりますが、現地支援のNGO活動への参加、日本語学校の学生との活動への参加などが挙げられます。参加者の年齢や需要に応じて活動は臨機応変に対応しております。ここでは途上国の青年との価値観の違いから「ALL OL」の精神を育むと共に、成功体験から「できる」の精神を育みます。

【共有】
最終日には合宿を通して感じたことや学んだことを共有する時間をとります。自分の中で芽生えていた感情を共有し、帰国後の自分の行動への展望を描く時間となります。

【対象】
年齢は15~35歳が対象となります。
不登校・引きこもりの状態にある青少年を対象としていますが、佐久島合宿同様に「自分が変わるきっかけが欲しい」「自信をつけたい」「価値観を広げたい」とお考えの一般参加者も歓迎しております。

【合宿期間】
5日~7日
※フライトの時間や連携先との日程調整により多少期間が前後することがあるため、期間に幅をとらせていただいています。

【合宿料金】
30万円~40万円

【最低催行人数】
4人

【開催までの段取り】
海外合宿プランは現在現地団体との調整の段階にあります。
2019年までには第一回目を開催できるよう調整をしています。
参加の希望の方はホームページのお問い合わせ欄よりご連絡ください。

ボランティア情報等

ONESTEP本部

施設案内







連携団体








ページ上部へ戻る