最近話題のアートの島【佐久島】に住みながら、ひきこもりや不登校の支援をしているONESTEP が語る【遊びの重要性】

僕が大好きで尊敬する方の一人がこんな名言を残しております。

【真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!】

【仕事よりも趣味の方が絶対に楽しいはずで、楽しい趣味に真剣になれない人が楽しくない仕事に真剣になれるはずがない】

いやはや仰る通りでございます。

この名言を言われた方は誰もが知る芸能界ビッグスリーの1人。サングラスとオールバックでお馴染みの森田一義ことタモリさんです。

f:id:yell-sakushima:20180625204342j:image

僕は常々、遊びの重要性について話して来ました。講演会やら座談会やら至る所で言って来たのは、

「やりたいことがわからなかったら全力で遊んでみ!!」

ってことです。

f:id:yell-sakushima:20180625204424g:image

これからの時代を生き抜くために必要な力は【遊び力】だと思ってるくらい僕はこれを重要視しております。

f:id:yell-sakushima:20180625204441j:image

その講演会やら座談会では話しきれなかった部分について、今日は詳しく解説したいと思います。

目次

仕事の定義

グーグル大先生によると仕事とは

1 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの―」「―が手につかない」

2 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある―を探す」「金融関係の―に就く」

と書いてあります。

社会一般的な使われ方としては2番の意味のが強いような気がしますね。

僕はここからさらに仕事をこう定義しています。

〔理不尽な制限されている状況下で、目的を達成しなければいけないもの〕

です。

これはどういう意味かと言いますと、俗に仕事をしている方達は、サラリーマン(もしくはバイト)として会社に属して雇用されているか、フリーランス(自営業)として個人でやっているかのどちらかだと思います。

例えばサラリーマン(もしくはバイト)で考えて見ると、何かの企画に携わったり、どこかのチームに配属されて役割を担ったり、基本的には会社の方針のもとこういう事をしてねと言われるわけですよね。

その時自分が仕事をしながら選ぶことのできる選択肢って、会社から許可される範囲内に収まるわけです。

f:id:yell-sakushima:20180625204542p:image

例えば、保険会社の営業になったとします。

営業が求められるのは結果で、会社にとって利益を生むこと以外はやれないわけです。

基本的に仕事ってそういうもんですよね。

むしろ不利益を生む社員はクビです。

つまり

【やれない事がたくさんある中で目的達成をする為に行動する】

のが僕の捉える仕事なわけですね。

遊びの定義

ではでは遊びって一体なんなのでしょうか?

グーグル大先生によると、

1 遊ぶこと。「遊びに興じる」

2 酒色にふけったり、賭け事をしたりすること。遊興。「遊びで身を持ち崩す」

3 仕事がないこと。仕事ができなくてひまなこと。「受注がなくて当分遊びだ」

4 物事にゆとりのあること。「芸に遊びがある」

5 機械などで、急激な力の及ぶのを防ぐため、部品の結合にゆとりをもたすこと。「ハンドルの遊び」

6 文学上の立場で、対象を理性的に突き放してみる傍観者的な態度。森鴎外が示したもの。

遊びとは遊ぶことだそうです。笑

じゃあ遊ぶとは?

それがこちら!

1 スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして―・ぶ」「よく学び、よく―・べ」

2 何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して―・んでいる」

ここでは1番の意味ですね。

f:id:yell-sakushima:20180625204707j:image

つまりまとめると、

遊びとは、

【好きな事をすること】

なわけです。

f:id:yell-sakushima:20180625204720j:image

大事なことは、遊びっていうのは結果が求められないんです。

誰かの指示に従う必要もなく、やりたいことやって結果なんてどうでも良くて楽しければいい。

それが遊びです。

仕事と遊びの違いとは

これはもう明確。

「制限がある」が仕事

f:id:yell-sakushima:20180625204822j:image

「なんでもあり」が遊び

f:id:yell-sakushima:20180625204920j:image

です。

※あくまで個人的な解釈なので、異議申し立ては受け付けません。笑

そして僕が遊びが大事だって言ってる理由がこれなんです!

つまり本気の「なんでもあり」を体験しようぜってこと。

いつまでも他人の目を気にして生きててつまんなくないですか?

死ななきゃいいんですよ人生なんて。

あと犯罪もダメ。

でもそれ以外なんでもありなんです。本来は。

f:id:yell-sakushima:20180625205025j:image

それが「社会の常識」でガチガチに固められてしまい、なかなか気づけない。

なんでもありっていう意味が腑に落ちた瞬間、信じられないくらい軽くなって、楽になって、楽しくなるんです。

だから遊ぼうぜって言ってるんですね。

正解探しから正解創りの人生へ

僕が関わっている天才達(ひきこもりや不登校の若者)にはこれを体当たりで伝え続けています。

なんでもありなんだぜ人生はって。

f:id:yell-sakushima:20180625205100j:image

国立大学出て大手企業でそれなりに働いていましたが、いきなりやめて佐久島に住み始めても死なないもんなんです。笑

僕はもっと面白い事がしたいって思って、思いついた事片っ端からやってみて、死ぬほど面白くて、死ぬほど大変で、死ぬほど成長しました。

その中で感じたのは、正解は探すもんじゃなくて創るもんだって事。

遊びが上手な大人は正解創りが上手。

f:id:yell-sakushima:20180625205140j:image

正解を自分で創り出していければ、もう人の目なんて気にしなくていいんです。

しかし世の中そんな人ばっかになったらめちゃくちゃになると思います。笑

この考え方に共感できる人にはおススメしますが、いやいや違うだろって思われる方に無理強いするつもりは一切ありません。

ただ僕はこれが人生に迷える若者に必要な事じゃないかと思いこれまで喋っておりました。

反論や議論は一切受け付けません。笑

質問は受け付けます!気になる方は佐久島まで会いに来てくださいな(´∀`)

ONESTEP がオススメする最高の遊び

僕たちは毎月最高の遊びの舞台を用意しております!

それが【若者自立支援合宿in佐久島】です!

f:id:yell-sakushima:20180625205307j:image

過去の記事でも何回か触れていますが、この合宿は遊びが凝縮されております。笑

事前に決めたプログラムが意味をなさないほど自由!笑

先日の合宿でも突然、合コンで女の子をどう攻めれば仲良くなれるかの会議が始まったり、予定になかった将棋大会が始まったり、予定時間を死ぬほどオーバーして畑作業したりと、まーそれはそれは遊びまくりでしたね。

この合宿は、ひきこもりや不登校といった若者達だけでなく、ただただ面白い事がしたいって言う方や、僕たちの活動に興味があるって方も参加しております。

来月は7/28-29でやりますので、興味ある方は連絡くださいまし!!!

いかがでしたでか?

ぼくらが言う遊びっていうものの重要性を理解していただけましたでしょうか?

これを読んでるあなたと遊べる日が来る事を楽しみにしております!!

 

————
NPO 法人若者自立支援塾ONESTEPは、愛知県の三河地区を中心に【ニート・ひきこもり・不登校】の方達の社会復帰の支援をしている団体です。

お問い合わせはこちら
ONESTEP について詳しく知りたい方ははこちらをお読みください!
NPO法人若者自立支援塾ONESTEPとは?
NPO法人若者自立支援塾ONESTEPのHPはこちら
ONESTEP では3つの手法で支援を行います
①訪問型支援👶
f:id:yell-sakushima:20180218010354j:image
実際にスタッフがご家庭まで訪問して、その状況に合わせた支援を行います。
②通所型支援🏃🏻‍♂️
f:id:yell-sakushima:20180218010518j:image
ONESTEP の基地(愛知県西尾市岡崎市)に来ていただき、そこで状況に合わせた支援を行います。
③共同生活型支援🍙
f:id:yell-sakushima:20180218010546j:image
愛知県西尾市にある離島佐久島で、親元を離れて我々ONESTEP の職員と共に共同生活をします。最短1泊2日から可能です。
上記の支援の詳細はHPにありますのでご覧ください。
HP→http://onestep-nishio.com/
ひきこもりは日本の宝者だという想いで活動をさせていただいています‼
笠間淳を詳しく書いた記事はこちら↓↓↓
http://joyell-sakushima.hatenablog.com/entry/2018/02/18/003552
少しでも多くの方に想いを届けたいので、お読みいただき、良かったら応援してください😋
お問い合わせはこちら
http://onestep-nishio.com/infomation/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

就労支援施設




ボランティア情報等

ONESTEP本部

施設案内







連携団体








ページ上部へ戻る