理念

地域活性化×不登校引きこもり支援

引きこもりの支援と聞くとカウンセリングのような形式をイメージする方が多いかと思います。もちろん定期的なカウンセリングは重要なのですが、引きこもりの状態にある若者の大半は自信を喪失している状況にあり、多くの経験を通し自信をつけることが大切なステップになります。自信を回復していない状態での就労は心理学的にも大変厳しく、一か月と続かないことが大半です。

私たちは地域活性化の活動に若者達を巻き込み、活動の中で自尊心を育むことを目標としています。

 

自信を失った状態をスタートとし,地域活性化活動の中で欲求段階プロセスに沿った支援が進められます。

 

 

 

また、多くの人たちが【ただ一つの正解探し】をする思考のクセがついています。

ONESTEPでは,若者たちが他者の視点を認め,多様な価値観の取得(ALL OKの精神)を育むために
以下の3つのきっかけ【人】【環境】【体験】を創出しています。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

ページ上部へ戻る